20歳を過ぎた頃から笑った後にほうれい線というか笑いシワが戻ってくれなくなってきました。

それと同時に化粧をするようになってそこにファンデーションが溜まったりすることで余計にほうれい線が目立ってきたりとかなり困っていました。

それから気になりだしたらどうしたら改善できるか考え、とにかく毎日のようにフェイスマッサージをしたり、舌回し体操が効くと聞いたのでそれもほぼ毎日のようにやっていましたが全くと言って改善されることはなかったです。

しかしある時、冬になりだして顔が乾燥するようになりだして顔がパリパリし始めた頃、化粧水と美容液、乳液を今までよりもいいものを使い始めるようになりました。

自分なりにシートマスクを1週間に1回使うようにしたり保湿が十分にされるようにスキンケアの見直しをするようになった頃、鏡を見て自分のほうれい線がだいぶ改善されているように気が付きました。

まだまだもっと改善するのではないかと期待を込めてできることを今まさに模索中です。

乾燥肌でのほうれい線もできるので、これ以上顔のシワを増やさないようにスキンケアの見直しと肌のケアをもっとしていきたいです。

そして、ほうれい線が改善した頃に転職で生活環境がガラリと変わり、朝早くからの仕事になった頃、びっくりするほど目の下に青いクマができるようになりました。

これには私自身も鏡を見てびっくりするほどでした。そのタイミングで化粧品をSK2に変え、こちらかなりお肌の透明感が上がる商品で、目の下のクマが少しほど改善されてきたなと感じた頃に、頬や顎のニキビあと、くすみなど色々な部分に改善が見られ、とても重宝しています。

青いクマに関しては薄くなったもののそれでもまだ残っていて、私自身も最近疲れているな。

疲れているのに眠れないなと感じていた頃、お風呂上りのすっぴんの肌を見た時に初めて青クマが青あざ並みに濃くなっていたので、これはやばいと思ってとにかく早く眠ることを心がけたり、少し多めに休みをいただいて、朝の時間ゆっくり眠ることで睡眠時間を確保するようしました。

それからというもの、肌のトーンが前よりも2トーンほど上がり、肌荒れの改善、そしてクマも全くと言っていいほど見えなくなり、家族からもビックリされるほど美肌になれました。

私にとってはアイキララ ほうれい線などスキンケア商品の見直し、お肌にかける時間、お金、そして身体にかける時間を作ることで改善されることが多くありました。

更新日:

Copyright© フロントサイトほうれい線・クマ対策クリームキラキラ監修研究サイト , 2020 All Rights Reserved.